Home > Blog > 2012年05月

Spice Rack でおきたこと - case study 2

May 28, 2012

新しい項目のケース・スタディとして、スパイスラックを通じて生まれたプロジェクトを紹介してます。
スパイスたちのストーリーをどうぞ。


Case 2: LOTA PRODUCT
Spice Rack Websiteのイラスト


Spice Girl.jpg
Spice Rackのウェブサイトを制作する過程で、スパイス・ページ、特集記事、ブログと全体的に写真が多いサイトになることに気が付きました。そこで、ところどころにイラストを取り入れて、フッと一息つけるように見せようという提案が出て、イラストを発注したのがスパイスの一人、Kanakoさんでした。「LOTA PRODUCT」の生みの親であるKanakoさんは二児のママ。「母親としての日々は大変だけど、せっかく母を経験させてもらっているのなら、それに則した何かを作ろう」と、日常にふとした喜びをもたらしてくれるような商品やイラストを数々作り出しているスパイスです。Spice Rack Websiteのために描き下ろしてくれた「数々のスパイスのビン」「働いている女性」「スパイスが混じり合っているイメージ」など数々のイラストはウェブサイト、ブログ、DMなどいろんなところで活用させてもらっています。

Spice Bottle.jpg



by Spice Rack

Spice Rack でおきたこと - case study 1

May 21, 2012

「スパイスラック」が誕生してから、スパイスラックを通じてスパイスたちに新たなプロジェクトが発生したり、スパイス間でプロジェクトが生まれています。これらをケース・スタディと称して、情報として随時アップしていきます。「スパイスラック」で生まれた彼女たちのストーリーをどうぞ。


Case 1: Yume's Cushion 
- ブランディング
yume'slogo.jpg

栗林總子さんは、夫と3人の子どもの母、6人の孫の祖母として、家族を心身両面にわたり長年支えて続けてきた主婦です。曾孫が生まれ時間と心に余裕ができた頃、「何かクリエイティブな仕事で世の中の役に立ちたい」、とクッション作り思い立ちました。總子さんが考えるクッションとは、ただ美しいだけでなく、部屋の雰囲気を変えたり、季節感を演出できる「小さな力持ち」。ブランド名の"Yume's Cushion" は、幼稚園生だった曾孫の優芽ちゃんの名からつけました。曾祖母から曾孫へ、家族の若い世代たちに「夢」のバトンをつなぐという願いをこめて。


そんなYume's Cushionのブランディングをスパイスラックは手掛けました。栗林さんのリクエストは、「ヨーロッパ調なエレガンスがあり、アットホームなイメージ」。スパイスラックが選んだグラフィック・デザイナーと相談を繰り返し、コーポレットカラーは深めのピンクと決めました。イタリック系の文字をリボン的にデザインしアレンジし、その先端を可愛い鳥が結びつけているロゴを完成。その他に、プロフィール・イメージ写真、クッションに付けるタグ、DM、小カード、シールの制作もお手伝いしました。

yume'sDM.jpg
良い商品写真はウェブ販売での決め手。Yume's Cushionチームの、「いずれ自分たちで商品写真が撮れるようにしたい」とのリクエストを受けて、スパイスラックは、「商品写真の撮り方」のレッスンをプロの講師とセッティングしました。2回にわたり、機材・写真の説明、写真の撮り方、実践のレッスンを受け、その後、試行錯誤を繰り返し、今では立派な商品写真を撮れるようになっています。

yume'sphoto.jpg



by Spice Rack

Shop News - S.BUGI

May 15, 2012

sbugi_shop.jpg

スパイスラック・ショップにて、S.BUGIのキュートでロックなぬいぐるみの販売をはじめました!

作家の浅賀恵美さんのストーリーはこちらから
http://www.spicerack.jp/jp/rack/sbugi/

「まずは、おそばに置いてやってください。 わたしたちのど んな気持ちにも応えてくれる心優しい同居人になってくれるのです。」(恵美さん)


08_1_03.jpg


by Spice Rack

Spice Rack News

May 14, 2012

EVENT

6月22日(金)-24日(日)に代官山ヒルサイドテラスでサマー・イベントを開催!

この3日間は、
・New スパイスたちの作品、スパイスたちの新作品、コラボ作品の展示
・スパイスたちによるワークショップ、その他。

23日(土)には、
・(株)ドラフト代表の宮田さんのトークセッション (http://www.draft.jp)
・先輩スパイスたちのトーク&ワークショップ
・交流会
など、いろんな方を巻き込んで、楽しいかつ有意義なイベントにしていきます。詳細はおってDM、ウェブサイト、facebookで!

*なお宮田さん/ 先輩スパイスたちのトークセッションやスパイスたちのワークショップは場所の関係上定員が決まっているので、予約制となります。予約方法については後日情報をUPします。


WEBSITE

ウェブサイトをリニューアル!
11月からスタートしたスパイスラック。あれから、スパイスラックの持つネットワークを通じてスパイスたちに新たなプロジェクトが発生したり、スパイス間でいくつかのプロジェクトが生まれています。それらをケーススタディとしてウェブ情報に盛り込むほか、スパイスラックで起きているニュースやfacebookからのフィードが簡単に閲覧できるようにサイトを整えます。乞うご期待!

by Spice Rack

ドバイで出会った女性

May 7, 2012

blog_0507_2.jpg
3月末に招待されたドバイのプロモーションイベントでひとりの日本人の女性に出会った。旅先ということもあり、お互いに自分たちのバックグラウンドも仕事のこともあまり詮索せず、時折パーティーで会うとその場を一緒に楽しむ、そんな感じの交流だった。

名刺をもらったので、家に帰ってグーグルしてみたら、彼女がメディアで幅広く仕事している女性で特に「経済」ものを中心に活動をしている方だと知る。これまでに500人を超える企業経営者への取材を行い、数々の本を執筆しているのだ。また、経済をテーマにした講演やフォーラムでも活躍中。そんなすごい仕事している女性が福島敦子さんだと知り、あとからびっくりした。
旅で出会った人との関係はその場限りのことが多いが、今回は私たちを紹介してくれた方のセッティングで、再び日本でその女性と一緒に食事する機会に恵まれた。その時に、経済ネタを扱う凄みはどこか聞いてみた。彼女曰く、「トップの方たちはみんな人間味があり、それぞれのストーリーが実に面白い」と。また経済というのは「世界の動きがすぐわかるから、とてもエキサイティング」とも言っていた。


blog_0507_3.jpgその後、彼女の書いた本、「愛が企業を繁栄させる」~ビジョナリーな経営者の共通原理~を読んでみたが、これが実に良く書かれている。「ビジネス」と「愛」は、すぐに結びつかない感覚があるが、彼女によると経営の根幹には「愛」が絶対に必要なものだ。この本では「愛」を原点におきながら、会社を経営する7人の話が書かれている。業種も世代も「愛」を注ぐ対象も異なるが、読んでいるうちに彼女の言わんとしていることがとても良くわかった。しかも女性ならではの観点だとも思った。ビジネスをする方にはお薦めの一冊である。
スパイスラックのブログを書いていて一番楽しいのは、たくさんの有能な女性たちと話す機会に恵まれること。そしてこれは一律に言えることだが、「能ある鷹は爪を隠す」のは本当だと思う。爪を隠しても、その女性たちの内なる輝きでタダモノではないことはすぐにわかってしまうのだが。


テキスト:ゆき子

by Spice Rack

4月のポットラック

May 1, 2012

要望にお応えして、4月からポットラックを月2回にすることにした。
2週間ごとにお昼の部と夜の部で開催。

いろんな組み合わせでスパイスたちが集まり、新商品やコラボ商品のお披露目したり、
最近の活動を紹介したり、お互いに仕事のアイディアを交換したり。

新しいスパイスたちを迎え、更に賑やかになったポットラック。
スパイスたちがパワーアップする場になるといい。



P4112866.jpg
ランチの会


P4260357.jpgのサムネール画像ディナーの会


P4260347.jpg
P4260326.jpg
S.BUGI


P4260341.jpg
「使い方がうまい! 紙もの・紙加工ものコレクション」という本に掲載された
one by one (土井幸さん) のカード。デザインは、HI Company Ltd.の人見久美子さん。


by Spice Rack